風俗求人で人妻店をお探しなら。

どもっ!今日も元気ハツラツ!岡平健二です!! 今回も今回で風俗事情というものを、こっそり大々的にお届けするので、最後までよろしくお願いします(笑) 前回は風俗と一口に言っても様々な種類があることをお伝えしました。30代の女性がメインの人妻店とか。人妻店といっても本当の人妻じゃなくても大丈夫です。実際に働いている女性も既婚者や子持ちの人は半数くらいとか。残りの半数は未婚者で子どももいないという人。それでもコンセプトに合っていれば働くことが可能なんです。実際に求められているのは本物の人妻ではなく、「人妻」というワードに寄せている男性の理想像。男性は人妻・・・いわば他人の奥さんが相手という背徳感と、性を心得ているエロさ、そして包み込むような温もりや安心感、そういったものを求めているんです。 人妻店に興味があったり、働いてみようかなと求人を探すと驚くことも多いはず。世間的には人妻店は報酬が低いところが多いんです。で、個人的に色々と調べてみた結果、大阪のコマダム倶楽部という風俗店は良さそうですよ。ズバ抜けて報酬が高かったら逆に怪しいところですが、ここは高過ぎないですし低くもありません。それなりに大手のようですし、大阪で探しているという人は一度参考に見てみても良いんじゃないでしょうか。

風俗のお店選びはコンセプトもチェックしよう!

はいっ!今日も今日とて元気モリモリの岡平健二ですよ。 今回も風俗事情というものを、こっそり大々的にお届けしていくので、よろしくお願いします! 実は風俗とは、パチンコ店やキャバクラも含む大きな括りの1つなんです。ソープやヘルスなど性サービスが含まれる業種を「性風俗」というのですが、世間的には風俗=性風俗という認識。なので僕もあえて風俗という言葉でお話を進めてきました。その方が話もしやすいし理解してもらえますしね。 そんな風俗ですが、種類はとてもたくさんあります。ソープ、ヘルス、オナクラ、性感エステ・・・。そして更にお店によって風俗嬢の年齢が異なっていたりもするんです。50~60代のみの熟女系風俗店とか、高校生を除く18~20代前半くらいの、いわゆる若専とか。30代だけの人妻店とかもありますね。 中には女子高生風の制服が売りだったり、ロリ系が売りだったり。つまり働く側の女性も選べるということ。自身の年齢に合わせつつ、お店のコンセプト(ロリ系とかキレイ系とか)もしっかり見て判断すると良いと思います。年齢が合う!というだけで飛び込んでみたら、ロリ系のお店で働きにくくすぐに辞めてしまう・・・そんなの時間の無駄ですし、せっかく勇気を出したのならしっかり稼ぎたいですしね。事前のリサーチが大事ですよ!

風俗嬢が稼ぐためのコツとは?

どうも!今日も元気な岡平健二です。 さて、風俗事情というものをこっそり大々的にここでお話しようと思うのですが、実際に風俗嬢をやっています!という方にも参考になる内容にしたいなと思います。 ということで早速ですが、風俗で働くからにはやっぱり稼ぎたい!と思いますよね。そりゃそうです。稼ぐために風俗で働くわけですからね。でもいざ働き始めて、思ったように稼げない・・・という人も割と多くいるんです。そんな風俗嬢のために、このサイトのように稼ぐコツが書かれたものが存在するんです。 見ていただくと分かることですが、本当に当たり前の内容なんですよね(笑)ただ残念なことに、実はできていないという人が多いんです。特に時間厳守という点については、結構ルーズな人も多かったり・・・。1回や2回じゃなく、ほぼ毎回遅れてしまう人。せっかくお客さんが指名して予約が入っていたのに、ルーズなせいで遅刻してお客さんを逃してしまう。そして常連になってもらえず稼げない。完全に不の連鎖です。 あなたが稼げないのは、お店が他の子を売り出しているから?スタッフがお客さんに薦めてくれないから?誰かのせいだと思っているうちは、いつまで経っても稼げません。まずは自分自身を見直しましょう。